7月の休診日

湯島白梅鍼灸院

7月の休診日は日曜日、22日(月曜)、23日(火曜)24日(水曜)夏期休暇となります。

15日月曜日は、海の日で祝日となりますが、振替で臨時診察日といたしました。

通常通り10時から19時まで受付をしております。

 

6月の休診日

湯島白梅鍼灸院

6月の休診日は日曜日です。

今月はめずらしくひと息つける祝日が1日も無い月ですね。

日頃から活動と休息時間のメリハリをつけて、疲れが蓄積されないように過ごしましょう。

4月・5月の休診日

湯島白梅鍼灸院

通常通り、日曜日は休診日となります。

ゴールデンウィークの10連休中、祝日ですが通常通りの時間で診察している日もございます。

ご確認の上、ご予約・お問い合わせ等よろしくお願い致します。

4月27日(土)10時〜19時

28日(日)休診日

29日(月)休診日

30日(火)休診日

5月1日(水)休診日

2日(木)10時〜19時

3日(金)10時〜19時

4日(土)10時〜19時

5日(日)休診日

6日(月)休診日

身体も心も緩む♨️ポカポカのお灸で寒邪を撃退!

湯島白梅鍼灸院

一年で最も寒い時期「大寒」を迎え寒さのピークを実感します。

毎朝、暖かい布団から出るのがつらく、身体もあちこちこわばります。患者様の主訴も、ぎっくり腰や風邪、帯状疱疹など、まさに「寒邪」が身体に入り込んで起こる症状が多発中!

東洋医学では、気候の変化により外部から発病させる原因となるものを「外因」と呼び、風・暑・湿・燥・寒・火の6種に分けています。それぞれは、もともと悪いものではなく、人間にとっては無くては困る自然現象ですが、過剰や不足、季節に反して出現するなどの異常や私達自身の抵抗力や適応力の衰えで、発病因子となることがあります。

冬将軍が猛威をふるっているまさに今の時期は、寒が過剰となり、病を引き起こす邪気「寒邪」となって、体内に侵入してきます。

 

<寒邪の引き起こす症状>

悪寒、悪風、痛みの増悪、頭痛、お腹の冷え・痛み、下痢、嘔吐、頻尿 など

 

寒さが厳しくなって、このような症状に悩まされることはありませんか?

防寒着にカイロ、温かいものを食べていても症状がよくならない場合は是非ご相談ください。

鍼灸による効果の大きな特徴である「免疫機能の活性化、血行促進」は、風邪やインフルエンザの予防、筋肉の緊張からくる頭痛や腰痛、四十肩など、寒い時期に起こりやすい身体のトラブルにも効果◎です。

じんわりと全身にお灸をした後は、お風呂上がりのような心地良さです♨︎

 

年末年始の休診日について

湯島白梅鍼灸院

早いもので、今年も残すところあとひと月となりました。

皆様にとって、良い一年の締めくくりの月となりますように。

 

年末年始の休診日についてお知らせいたします。

12月の休診日は、日曜日と祝日の24日(月曜日)。

合わせまして、最終診察日は29日土曜日とさせていただきます。

(最終受付17時)

年始は、1月4日(金曜日)より通常通り診察を始めさせていただきます。

例年、年末は1年の疲れを取りにいらっしゃる患者様で、早いうちからご予約が満枠となってまいりますので、お早めのご予約をお勧めいたします。

11月の休診日

湯島白梅鍼灸院

11月の休診日は、日曜日・17日土曜日(臨時休診)・23日金曜日(勤労感謝の日)となります。

3日土曜日(文化の日)は、祝日ですが臨時診察いたします。(診察時間は通常通り10時から最終受付が19時)